家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >有能な営業マンを選びたい・・・HOME > コラム >有能な営業マンを選びたい・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

有能な営業マンを選びたい・・・
wopw.jpg
先日あるサイトを見ていたら、「ハウスメーカーの有能な営業マンを選ぶにはどうしたら良いでしょうか?」という質問がありました。

この手の質問はけっこうあるのですが「有能な営業マン」とは何を基準にしているのかいつも疑問に感じます。

とかく営業マンは契約を取るのが仕事、企業側にとって「有能な営業マン」とは契約をたくさん取る営業マンでしかありません。

契約をたくさん取るとは、契約を結べば次の顧客へ、親身になっての相談はすべて契約してもらうための行動でしかありません。

契約が済めば次の契約を求め、自然とあなたから足が遠のきます。
そのような営業マンがあなたにとって、「有能な営業マン」と言えるのでしょうか?

また、家は専門的技術の積み上げで出来ています。

大半の営業マンの専門知識は、マニュアルに書いてある自社の商品知識でしかなく、建築の専門知識は乏しく「契約までの自社商品建築知識」なのです。

だから、他の会社の商品技術ないようなど分からず、品位の劣る営業マンは他社の悪口となります。

ハウスメーカーに「有能な営業マンを担当に」と言い、メーカーが薦める「有能な営業マン」を選べたから良い家が出来ると思ったら大間違い、それこそハウスメーカにとっては「ネギをしょったカモ」が来たようなものなのですよ。

私がハウスメーカーに頼むなら、「有能な営業マン」よりも「優秀な下請け業者」に仕事を以来したいですね。

でも、あなたにとって「有能な営業マン」を探す方法はあります。

それは、あなた自身が家づくりを勉強し、自分たち家族にとってどのような家がベストなのかを決めて営業マンと対応することです。

あなたの家づくりを理解し、それに対応してくれる営業マンこそ、「あなたにとって有能な営業マン」と言えるでしょう。

営業マンは家づくりのスタートでの出会い、そこで家づくりの大半は決まってしまいますので、十分に心して対応して下さい。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/870-a2df8e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。