家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >比較出来ない坪単価HOME > 住まいの情報 >比較出来ない坪単価
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

比較出来ない坪単価
kopp28.jpg
建物の価格は素人には想像がつきにくく、坪単価は建物価格の目安として、とても分かり易く昔から利用されてきました。

しかし、坪単価表現が有効なのは、昔のように同じ工法の建物で、仕様が同じ場合にどこの建物が安いのか判断するのに有効なのです。

でも、最近は工法などおかまいなしに「坪〇〇万円から」と表示されています。

「まずはどれくらいの予算でできるの?」というときには坪単価は大変便利だからです。

でも、ハウスメーカーはそれぞれ工法も仕様も違います。

また、坪単価の中身にも坪数を法的床面積で計算するか、施工面積で計算するかで大きな違いがでます。

例えば、同じ建物で床面積100㎡(約30.25坪)に対し、施工面積125㎡(約37.8坪)あるとしたら、総額1500万円の家が、床面積表示では坪49.5万円、施工面積表示なら坪39.6万円と約坪10万円もの開きがあります。

また、施工面積とはどこまでの範囲をいうのかでも各社バラバラです。
さらに、建築工事費とは別に、諸経費に仮設工事を入れるところもあり、そうなると同じ建物でも坪20万代までになってしまいます。

同じ建物でも表現のしかたでここまで違うのです。まったく顧客を馬鹿にした話ではないでしょうか?

坪単価は「まずはどれくらいの予算でできるかの目安」といっても、すっかり客寄せパンダとして利用されているとしかいえません。

また、最近は坪単価の裏が一般の方にも知れ渡ってきたせいか、ズバリ低価格表示の会社もあります。
しかし、その価格にしても坪単価と同じようにどこまで含まれているのかが問題なのです。
「オプションだらけで終わってみれば他の家と同じ」というのが現状です。

こうなると、坪単価や低価格表示は他社と比較はできず、本来の意味を失っています。

法的床面積の坪単価表示で、総て含まれている見積の会社は少なくなってきました。
施工面積表示での方が、安く表示できて施工面積調整で利幅も取りやすいのです。

あなたのマイホーム計画を検討するのに、坪単価は無視しましょう。
住まいの価格は、「あなたの要望を入れて総額いくらになるのか」で比較しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/882-15cad08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
建物の価格は素人には想像がつきにくく、坪単価は建物価格の目安として、とても分かり易く昔から利用されてきました。 しかし、坪単価表現が有効なのは、昔のように同じ工法の建物で、仕様が同じ場合にどこの建物が安いのか判断するのに有効なのです。 でも、最近は...
2012/05/31(木) 13:13:22 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。