家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >予算を決めて交渉に!HOME > 家づくりノウハウ >予算を決めて交渉に!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

予算を決めて交渉に!
sango.jpg
マイホームの計画はあれもこれもと要望が多くなり、つい予算オーバーしがちです。
ハウスメーカーなどに見積を頼むのに、おおよその予算を決めて話をしていますか?

大枠の予算を決めないでハウスメーカーに見積を依頼するのは注意が必要ですよ。

なぜなら、ハウスメーカーは見積を出すのに、仮契約を求めてきます。

「それでは、仮契約をしていただければ見積をしますので手付金として100万円を・・」と言う話に乗ってしまうと、提出された見積もりが大幅に予算オーバーで、解約するにしても手付金は返還されません。

家づくりは間取りが出来て、仕様を決めて見積額を知って、予算が合わなければ調整して契約するのが本来の手順です。

しかし、ハウスメーカーは顧客を逃がさないため、仮契約という表現で縛りつけます。
「仮契約だから、あとでどうにでも・・・」とお客様は思ってしまうかもしれません。

でもそれは、本来仮契約というものは存在せず、捺印すれば本契約と同じなのです。

素人は、家の具体的な値段など分かりませんよね。

「坪いくらの話だからこれくらいの内容は・・・」と夢をいっぱい詰め込んだ仕様で見積を待ちます。

しかし、現実はほとんどが予算オーバー、契約を済ましているから逃げられす夢は切り詰められていくばかりです。

先日もメールの相談で「ハウスメーカー数社と相談し間取りを決め、1社に見積を依頼したところ仮契約を求められ仮契約しました。しかし、見積もりは大幅な予算オーバーなので、解約したいのですが手付の100万円は返金されるのでしょうか?」という内容です。

このような場合、仮契約書に記載されている内容にもよるでしょうが、基本的に手付金は返ってきません。

仮でも契約をしてしまった以上、お客様の自己都合による解約となりからです。

ハウスメーカーの言う仮契約は、本契約がまとまらなくてもお金が入るシステムなのです。

何度も言うように、設計内容がまとまり見積書がまとまって契約なのです。

ハウスメーカーの「見積するには仮契約を」で進める方は、予算の範囲を決めそれに沿った仕様で見積を依頼しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/883-31352dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
マイホームの計画はあれもこれもと要望が多くなり、つい予算オーバーしがちです。 ハウスメーカーなどに見積を頼むのに、おおよその予算を決めて話をしていますか? 大枠の予算を決めないでハウスメーカーに見積を依頼するのは注意が必要ですよ。 なぜなら、ハウス...
2012/06/03(日) 10:55:42 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。