家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >「頭金0円」に注意!HOME > 資金計画 >「頭金0円」に注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

「頭金0円」に注意!
sdff77.jpg
「頭金0円から・・」という不動産会社のチラシをよく見かけますよね。

これらの住宅ローンは不動産業者の提携ローンと言われるものです。

通常の頭金は住宅購入価格の10~20%と言われます。
しかし、現実には「頭金0円から・・」といったチラシや、住宅情報の雑誌でも住宅ローン返済例に頭金0円の試算例が掲載されていたりします。

また、頭金0円でも住宅ローンの審査は承認されて、住宅を購入できるケースもあります。
しかし、それはきつい支払いがクリアーできる場合です。

このようなチラシの隅から隅までよく目を通してみてください。

月々の支払額がやや高めになっていいたり、賞与月の支払額が異常に高くなっていないでしょうか?

簡単に言えば、頭金0円をそのあとの支払いで補っているだけなんですよ。


それでも、「何とか支払いは出来るから頭金0円の方が・・」と考えるかもしれません。

しかし、良く考えてみましょう。今後会社の業績に伴う賞与は不安定になるということはないのでしょうか?

賞与月の支払いが高いローン試算はあなたの家計を圧迫するでしょう。

また、家賃と同額でも提携ローンの場合、フラット35のような長期固定型ではなく、短期固定と長期変動の組み合わせ型が一般的です。

大体は最初の数年は最も低い金利でその後、金利は上昇していきますから、月々の支払いは当初よりも上がっていくわけです。

その金利上昇よりも給料のベースアップ分が上回っていくのでしょうか?。

それに、家賃並みといってもマンションなら管理費や修繕積立費用が必要になります。
戸建てなら、毎年の固定資産や定期的な修繕費も発生しますから、家賃並みの計算では成り立ちません。

不動産業者の販売テクニックとして、お客様が飛びつきたくなるような内容には裏があるのです。

私は「頭金0円」なら、利用しない方が良いと考えます。

「住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良い」と言われているのは真実です。

それでも「頭金0円」を利用するかたは、上記のデメリットを十分に検討した上で対応して下さい。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/888-c6f42d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。