家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >3階建て住宅の検討ポイントHOME > 住宅設計 >3階建て住宅の検討ポイント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

3階建て住宅の検討ポイント
jka45.jpg
3階建て住宅は土地に余裕のない都市部を中心に、大人気の住宅となっています。

しかし、周囲の環境は密集しているので、居心地の良い室内空間をつくるには、創意工夫が必要ですよ。

なぜ3階建て住宅を作るのかというと、狭い土地に必要な床面積を確保するためですよね。

それには、団欒、個室、設備の各スペースをブロック分けしてどのように配置し、それらを連結する通路スペースをどのように設けるかがポイントになります。

特に、駐車スペースが必要とする家では、一階はビルトインガレージのスタイルとなり、主たる住居スペースは2階・3階になります。

それでは、3階建て住宅のLDK配置を中心に問題点やポイントを考えてみましょう。



<1階にLDK>

この場合、住まいとして外部からの出入りは楽なのですが、リビング・キッチンに十分な光が得られるかがポイントです。玄関と階上へのアプローチスペースが必要なのでL・D・K のスペースはそれ程大きくとれません。

特に、階上の構造によっては耐力壁の位置などによって、開放的なL・D・K は困難といえます。
洗面・トイレ・浴室などのサニタリーは2階にまとめる例が多く見られます。

<2階にLDK>

3階建て住宅住宅ではこのスタイルが一般的で、特に密集地で開放感を求めるのには必然的といえます。

1階と3階がプライベートスペースになり、家族が集まりやすいプランになりますが、1階に洗面・トイレ・浴室が配置されるケースが多いので、3階のトイレと洗面があると便利です。

<3階にLDK>

3階からの見晴らしが良いなどといった時に検討されるプランで、オープン階段や屋根形状に合わせた傾斜天井などもっとも開放感が得られるプランです。

しかし、反面、日常の買い物や毎日の上り下りがやや大変になります。

3階の音が2階の寝室などに響かないような工夫が必要も必要で、2階のサニタリー、3階のキッチンなど、水まわりが上階にあるため、コストは割高になります。

<その他の検討>

・各階の天井が低くなりがちなので天井を張らずに梁構造を表しにする。  (階下への床の防音対策が必要)

・構造を優先するので耐力壁の位置により間取りに柔軟性を持たせる

・狭い空間部はガラスを用いて開放感をだしたり、建具は引き戸を採用する

・空間に奥行きを出すため、リビング階段のほうが広がりが求められる。

これらが、3階建て住宅のプランニングのポイントですが、間取り優先で構造を無視した3階建てプランもよく見受けます。

3階建ては、構造を優先すべきですから注意しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/889-bf159fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
3階建て住宅は土地に余裕のない都市部を中心に、大人気の住宅となっています。 しかし、周囲の環境は密集しているので、居心地の良い室内空間をつくるには、創意工夫が必要です
2012/06/28(木) 13:10:35 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。