家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >建築条件付き土地とはHOME > 不動産の知識 >建築条件付き土地とは
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

建築条件付き土地とは
jope44.jpg
建築条件付き土地に関して、最近質問が大変多くなっています。

内容は「条件付き土地とは何?」から、建て売り販売を条件付き土地と勘違いしていたり、条件付き土地を今交渉中なのだが・・など様々な内容です。

建築条件付き土地に関しては基本的なことはこちらに書いてあります。
  建築条件付き土地

しかし、条件付き土地を販売する不動産業者によって対応が様々で「よく理解できない」「本当にこれで大丈夫?」という人が多いようなので、わかりやすく説明します。

そもそも不動産業者が土地を売るには3種類しかありません。

1.土地のみの販売

2、建物付きの土地販売(建売り住宅、中古住宅)

3、建築条件付き土地販売

3、の建築条件付き土地とは、不動産業者が「うちで家も建ててもらえるなら、この土地を売ってもいいですよ」という土地です。

それには、土地を申込み建物の打合せ設計後、建築請負契約を3カ月以内程度で交わし、もし契約に至らなければ土地売買の申し込み金も含めて白紙にできるシステムです。

<条件付き土地に潜む罠>

建築条件付き土地は、不動産業者が土地のみ販売より利益が見込めるので、住環境の良い誰もが欲しがるような土地ほど条件付きになる傾向にあります。

チラシなどには「フリープランでOK」などと書かれているから、建築業者の指定はあるが注文住宅で家が建てられると思いますよね。

しかし、現実にはプラン集や標準仕様が決められていて、注文住宅といった内容とは程遠いのが多いのです。

業者側にすれば、3カ月程度で0から注文住宅を契約までまとめるには至難の業、まとまらずに物別れに終われば白紙撤回ですからそれまでの経費や労力が無駄となってしまいます。

そこで、標準プランと仕様が用意され、早急に「建築請負契約」を結ぶ体制になっています。

何故、「建築請負契約」を急ぐかと言うと、これを締結した時点で白紙撤回はできず、もし納得がいかず解約を望んでも自己都合の解約となってしまいますから、手付金の返還どころか違約金を求められる場合もあります。

上記のような不動産業者ばかりでなく、フリープランで契約に3カ月以上かかりそうでも話し合いで延長してくれる 良心的な業者もいます。

建築条件付き土地を申し込む場合、土地の住環境だけでなく建築請負契約に至るまでどのようなシステムと内容になっているか、その内容で満足出来るかを良く確認して判断しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/894-88b6f80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。