家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >無駄な空間HOME > 住宅設計 >無駄な空間
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

無駄な空間
pe3ru.jpg
住まいの間取りを考えるときに自分の好みを取り入れ、極力無駄がなく使いやすい家を考えますよね。

しかし、実際に完成して生活してみると、必要なのだが「日常生活においてほとんど使わない空間」が存在します。

また、子供の成長やライフスタイルの変化によっても「無駄な空間」は生まれてきます。

例えば、施主の要望で玄関脇にシューズクロークを設け、それに直結した勝手口のある家を設計したのですが、生活してみると家族の出入りは勝手口ばかりで、玄関と広いホールは少ない来客だけの無駄な空間になってしまたそうです。

収納なども多めに設定して計画時点は細部まで検討したのですが、引っ越しの時に仮置きのつもりで詰め込み数年もそのままで、どこに置いたのかわからない物もあるという方もいました。

また、書斎が欲しいという要望で一部屋設けましたが、そのため収納空間が不足し、結局物置になってしまい読書はリビングかベットの上だそうです。

以前は、新築住宅に応接間を必ず設ける風習がありましたが、来客が少ない家ではそれこそ見栄だけの無駄な空間ですよね。

特に完成後無駄な空間として考えがちなのは廊下、通路などの移動空間、動線計画をしっかり考え、間仕切り家具などを有効的に配置するのも一考でしょう。

しかし、将来有効に利用するため、あえて無駄な空間を設けておく考え方もあります。

例えば、吹き抜け空間を将来の子供部屋などにするため構造用の梁などを設置しておくのも良いでしょう。

ライフスタイルは、計画できてもどのように変化するか分かりませんよね。

あえて部屋を小刻みにつくらず、大きな空間にしておくのも一考でしょう。

将来に対する子供部屋を間仕切らず、大きな空間として置いて将来の家族計画に対応するのが良いでしょう。 また、その間仕切壁でなく間仕切り家具などにしておくと、子供が巣立った後大きな空間として再利用できます。

このように、無駄な空間をなくすことばかりでなく、家族構成やライフスタイルの変化なども考慮した空間も考えておくと将来に対応できます。

リビングなどは一見無駄な空間と思えても、余裕があるなら広めの方をおすすめします。

無駄と思えた空間を趣味の空間として有効利用している例も多くあります。

人間の生活パターンは人それぞれで定義付けられませんし、将来どのように変化していくかは読めません。

無駄な空間を除くことに集中して計画しても、それが将来使いづらい空間になる可能性もあるのです。

計画時に無駄な空間が発生しても、将来の生活パターンの変化で必要な「ファジーな空間」に変化できないかの検討も考慮すべきでしょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/895-0a4ed665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。