家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住いは暮らしを設計HOME > 住宅設計 >住いは暮らしを設計
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住いは暮らしを設計
bbjkk7.jpg
皆さんは住まいの設計とは何を重視すべきと考えているでしょうか?

「使いやすさ、構造、デザイン、予算、風水・・・」とそれぞれに様々な意見があると思います。

私は、それぞれの家族の暮し方(ライフスタイル)だと思っています。

しかし、家族でもそれぞれ趣味趣向などに違いがありますよね。

家族の暮しに対する考えをまとめなければ、それこそ後で後悔する家になってしまいます。

以前設計したNさん宅は、奥さんがどうしてもホームパーティを開ける家をという要望で、LDKを広くとりアイランドキッチン中心のリビングとなりました。

現在と違ってキッチンメーカーはどこもアイランドキッチンなど作っていない時代ですから、海外住宅雑誌などを見て現場で組み立てたオリジナルキッチンです。


いざ生活してみると、当初は月数回開いたホームパーティも以前住んでいたいた所から離れたのと、ご主人の転職などで来客者も少なくなり、数か月に一度程度に減ってしまいました。

そうなると、アイランドキッチンが鎮座するLDKは、目的を失った空間になってしまいました。
家族は食事が終わると、ゆったりとくつろげるリビングスペースが少ないので、個室にこもってしまうそうです。

これでは、アイランドキッチンのために生活パターンが固定してしまうと、2年後リフォームしました。

この失敗は、欧米のようにどこにいっても常にホームパーティを開く風習のない国なのに、憧れだけでホームパーティ用のLDKにしてしまったことです。

最近は、カタログなどで間取り図が氾濫しているせいか、既成の間取りでデザインや構造ばかり気にする人が多くなりました。

しかし、それでは間取り図に合わせて生活することになってしまいますよね。

素人が0から間取りを作るのは困難ですから、既成の間取りを参考にしてもよいですが、そこにあなたの家族の暮らし方を反映させてこそ、あなたのライフスタイルを生かした設計図といえるでしょう。



  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/896-532ad520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。