家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >夏涼しい家HOME > 住宅設計 >夏涼しい家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

夏涼しい家
hanbi55.jpg
「夏涼しい家にしたい!」それならクーラーをガンガンに効かせれば良いという人もいるでしょう。

会社でも家でもクーラーが当たり前の時代になってきました。
でもそれが本当に快適でしょうか?

こんな生活が長く続くと、冷房病とよばれる体調不良の方がたくさん増えています。

かといって、冬のことを考えると断熱性・気密性をおろそかにすることはできません。
それではどのようにすれば、「夏涼しい家」になるのか、答えは簡単です。

「昼間窓からの日射をきちんと遮る」で涼しくなります。

普通の家庭ならカーテンやブラインドが一般的でしょうがそれほどの効果は望めません。
なぜなら、窓ガラスを通って室内に入ってきた熱エネルギーがカーテン等にたまるからです。
「ないよりはあったほうがまし」程度なのです。

それではどうすればよいのでしょうか・・?

それは、日射量の多い窓の外側に「よしず」をかければ良いのです。
最近は「よしず」を建て掛けている風景が少なくなろましたが、とても効果がありエアコンの設定も押さえられとてもエコな商品なのです。先人たちの知恵はとても参考になりますよ。

また、強烈な西日対策としては背の高い植木や蔦(つた)などは効果的です。

ここまでは既存の家の話で、これから造る「夏涼しい家」を考えてみましょう。

・南側の軒は深く(長く)し西側の窓は少なめにする。
・ガラスに遮熱効果のあるものを使用する。
・除湿機を設置する。
・屋根・外壁の仕上材を築熱量の少ないものにする。

特に注意すべきは、夏の日射は屋根面からの熱の進入量が最も多くなります。
みなさんも1階よりも2階のほうが暑いことを実感として持っているのではないでしょうか?

対策として高断熱はもちろんですが、屋根の表面に当った時点で熱エネルギーを逃がしてやる必要があり、反射率の高い仕上材を使う必要があります。

材料ならば、熱容量の大きい瓦より薄いカラーベスト、素材自体に放熱効果のあるガルバリウム鋼板がいいです。
また、色彩も黒よりも白、白よりもアルミのような色をつかうと熱反射がよくなります。
太陽光パネルを載せるだけでも、熱反射がよくなり効果があります。

「うちの地域は冬の寒さよりも夏の暑さが・・」と言う方は参考にしてください。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/897-f60f6b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。