家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくりの規準HOME > 家づくりノウハウ >家づくりの規準
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりの規準
dog5l.jpg
マイホームを作ろうとする時、何か規準とするものはありますか?

「うーん、何も分からないからとにかく展示場でも見て・・」と言う人が多いのではないでしょうか?

展示中では目移りし、建築業者はどこもいい話ばかり、「あそこの業者はここがイイ!こっちの業者は、アレが安い!あっちの業者さんは、コレもサービスしてくれる・・」と結局決めきれなくなっていないでしょうか。

しかし、このような状況に陥るのは見学する側に、家づくりに対する規準がないと言えるでしょう。

私の経験でも、設計がすすみ、ある瞬間からそれまでの要望の内容と変わってくる人がいます。
つまり、「ココをこうしたいから、コッチはいらない!」というような話に一貫性がなくなってきます。

お客様に悪気がはないのですが、「どっちがイイのか迷っている」というのとは、明らかに違い規準がないのです。

例えば、業者に競争見積をさせるなら、同じ設計図と仕様で競争するのが価格の違いが明確にでます。 しかし、工法も仕様も違うHM数社に、設計もバラバラに依頼して競争見積を依頼する人がいます。

これこそ、家づくりに規準をもたない典型的な例といえるでしょう。

「こんな家にしたい!」というものがなく、「あっちの話を聞けば、そっちがイイ」。「こっちの話を聞いたら、それもイイ」と、まとまらず、規準は予算枠で収まるかどうかしかありません。

逆に、業者側は営利を目的としていますから、「できることとできないことの基準」がはっきりとしています。

良心的な業者は、お客様にとっての「迷い」や「悩み」を解消するための工夫や努力はおしみません。

しかし、規準がなければどうすることもできず、それなりの家にしかならないのです。

最初は、漠然とした基準でも少しずつ、研究や勉強を重ねながら、それをカタチにしていけば、あなたの家のの規準が出来上がっていきます。

家作りに取り組む上で、規準をもって取り組んでください。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/899-5ef7ff7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。