家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >低金利時代の返済法HOME > 資金計画 >低金利時代の返済法
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

低金利時代の返済法
at67b.jpg
「金利はそろそろ上がるのでは・・?」といわれながらも、ダラダラと低金利時代が長く続いています。

金利が低いのは資金借入側としては歓迎なのですが、日本経済の先行きとともに一抹の不安も感じますよね。

私がブログで、いつ金利が上昇するかわからないので変動金利は危険といってから、4年近く低金利が続いています。

金利の変動は、様々な経済現象と国の国債発行量などにも左右され、見通しが立たないというのが現状でしょう。

「このような低金利時代に合った住宅ローンの返済を教えてください」という質問がありました。

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。

元利均等返済は毎回の返済額が一定で、返済中に元金と利息の割合が変わり、最初は元金がほとんど減らず、利息だけ返しますが、最後まで返済額があまり変わらないので、長期の資金計画が立てやすいです。

それに対し、元金均等返済は毎回の返済額に含まれる元金を一定にして返しますから利息と合わせると最初は返済額が多くて大変です。
しかし元金がはやく減り、トータルで考えると払う利息が少なくて済みます。

それでは、現在のような低金利時代にあった返済方法はというと「元金均等返済」をおすすめします。

金利が高い時代なら、最初の負担が大きすぎるので元金均等をお薦めしませんが、金利が低い今なら、長期ローンであっても元金均等で元金を減らす方がお得でしょう。

この場合、元金が減っていきますから住宅ローンの金利が上がる局面になっても、リスクも少なくなります。

もし、返済期間中に余裕が出れば、繰上げ返済と併用すればさらに効果がでます。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/900-fde40635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。