家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの保険HOME > 資金計画 >住まいの保険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの保険
xow65.jpg
新築住宅を建てると、契約や手続きなど多くの書類があり、住宅保険に関する書類は後回しになったり、内容を良く確認せずすすめられたとおりに契約となりがちですよね。

しかし、火災などはせっかく築き上げた財産が一瞬にして灰になってしまいます。
自宅からの出火でなくても類焼や放火といった恐れもあります。

他にも記憶に新しい、地震や津波などでも被害によっては財産が奪われてしまいます。

これらの被害に対する住まいの保険には、大別して「火災保険」と「地震保険」があります。

<火災保険>

基本の補償は「火災」「落雷」「破裂・爆発」に関してです。

・火災…火事で建物が損害を受けた場合、復旧費用や全損時の再取得をするための補償
・落雷…落雷による火災、建物の破壊、過電流による電気機器の破損などの場合の補償
・破裂、爆発…ガスや蒸気などの急激な膨張や、発火に伴う破壊の場合の補償

他に必要に応じてつけられる補償があります。

・風災、ひょう災、雪災…台風や竜巻などの風災、ひょうや雪によって起こった損害を補償
・水災…台風や集中豪雨による洪水や、冠水による床上浸水で起こった損害を補償
・飛来、落下、衝突…飛んできたボールでガラス窓が割れた、車がぶつかって建物が破壊されたなど、外部からの衝突物による損害を補償
・水漏れ…給排水設備(キッチンやトイレなどの配管等)の破損などによる水漏れの損害を補償
・労働争議に伴う暴力、破壊行為…労働争議や騒じょうなどに伴う暴力や破壊行為による損害を補償

保険会社によって、いくつかを組み合わせパッケージ化している保険商品も多いですが、補償の付け足しができる自由度の高い保険で、無駄を省き必要な補償だけを選ぶのがポイントです。

<地震保険>

地震保険は任意加入保険ですが、加入する場合は火災保険とセットで契約します。

地震・噴火またはこれらによって起きる津波を原因とする損壊や埋没、流失の損害、火災損害(延焼・拡大損害を含む)に対しては、住まいの火災保険に入っていても地震保険に加入していなければ保険金は支払われません。

地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の30%~50%(建物5,000万円、家財1,000万円が限度)の範囲で選べます。

<設定方法>

・時価をもとに設定する方法、
・新価(再調達価額)をもとに設定する方法

通常、損害保険は時価を基準にして保険金を算出することが多いのですが、火災保険の価額協定保険や新価保険などは新価を基準にして保険金が算出されます。

時価で契約した場合は、損害が一部の場合でも保険金は時価分でしか支払われないのに対して、「価額協定特約」のでの新価契約であれば、支払われる保険金額がかなり違ってきますから、検討してみましょう。
ポイントは保険金額を時価いっぱいに設定することです。

加入する時に損害保険会社との間で価額を協定しますから、どのような契約にするかを検討しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/906-84640aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。