家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >なぜ現場を公開しない!HOME > 建築現場 >なぜ現場を公開しない!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

なぜ現場を公開しない!
kk33h.jpg
最近は多くの住宅会社が、なぜか建築途中の家を見せませんよね。
いつの間にか、建設中の家は公開しないのが業界の常識になってきています。

たまに、現場見学会などが行われますが、そのような会社側の意図的なものでなく、普段の仕事内容を見てみたいものです。

自分の家でも自由に入れず見るときは必ず営業マンが付いてきて、写真も撮ってはいけないという会社が多くなっています。

面倒くさいし素人が見ても仕方がない。どうせ見てもわからないと思っているのでしょうか?

そうではなく、会社側のいろいろな事情で見せられないのです。

建築現場は、多くの業種の職人が出入りして作業をしていますから、現場監督は訪問者までには対応などは出来ず、ささいなトラブルを怖がっているのでしょう。

中には、完成すればそれなりに立派に見えるが、骨組や下地がお粗末で見せられないという建物も存在します。

チラシや図面で完成品はいくらでも見られますが、作業中の現場が見たいののですよね。
それが、自分の家ならなおさら、手抜きがないか・・・などチェックしたいはずです。

確かに注文住宅は請負契約を結びますから、引き渡されるまでは施工会社の所有物なのでそのような応対をされても文句はいえません。

しかし、展示場やチラシの営業だけで本当によいのでしょうか?

現在、食品や製造業の企業は工場見学会などで新規顧客の獲得に力を注いでいます。
なぜ、住宅業界はそもような流れに逆行して行くのでしょうか?

簡単にいえば「現場での管理体制が工場のようには出来ない」か、「本当に見せらてまずい」かなのです。

でも、これらの点を逆手に取って、現場公開の営業をするのもメリットはあるのではないでしょうか?
施主でもお客様でも連絡がくればすぐに担当が現場を案内する体制にすれば、常に現場は整理整頓されているはずです。

他人の目を気にしなくて良い現場ほど、足の踏み場もないような状況で仕事をしているのが多いのです。

町中で気になる家の建築現場、新築を考えている人なら見てみたいですよね。

一般製造業と違い、「現場が工場」なのです。
これほど経費のかからない営業戦略に適した場所はないのではないでしょうか?

もう、消費者は展示場や営業トークだけでは騙されない時代になっています。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/915-9555549a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。