家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅営業マン活用術HOME > 家づくりノウハウ >住宅営業マン活用術
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅営業マン活用術
aggq31.jpg
私のブログは「営業マンに対して悪いことしか書いてない!」という内容のメールが、某ハウスメーカーの営業マンからありました。

意識している訳じゃないのですが、ユーザー目線で家つくりを考えると、つい営業に対する苦言が多くなっています。

営業マンといったって千差万別ですからどのような営業マンが優秀か、個々の人柄までは対応仕切れないのでつい一般的な表現になってしまいます。

社内で「あの人は優秀な営業マン」という評価であっても、企業側にとって優秀なのか、ユーザーにとって優秀なのか疑問ですよね。

それに、ユーザーにとって最も大きな財産を任せるのですから、苦言があって当然と考えています。

それではユーザーにとって、そのような営業マンを賢く活用する方法を考えてみましょう。

1.信頼関係を築く

営業マンは家つりのパートナーとして、資金計画から家族構成、ライフスタイル・・・とあなたの家の情報を全てを把握します。

そのためには曖昧な表現は避け意思疎通をしっかりとし、後で「言った、言わない」のないように注意しましょう。

気心が会うといっても「なーなーの関係」だけは避けるようにしてください。
それには、不明確な内容は質問し、自分の都合良い話だけなく相手の話も良く聞くことが大切です。

2,予算は明確に伝える

よく、予算の話になると漠然とした話になったり、話を濁す人がいます。
これでは営業マンは「予算に余裕があるのかな・・?」と思ってしまいます。

家は建てば終わりでなく、そこから長いローン返済が始まります。
返済計画をしっかりと立て、あらかじめ予算の上限を伝えておくことが重要です。

3,こだわりポイントは明確に

あなたの家は何にこだわって建てるのかを明確に伝えましょう。
例えば構造なのか、省エネなのか、それともデザイン・・・細かい物までいろいろありますよね。

特に優先順位を付けて、こだわりに対する予算の増加に対応できるようにしておくことが大切です。

4,営業マンの知識を知る

自分が知っている事でもあえて質問して、営業マンの知識やウンチクを聞き出しましょう。
また、手掛けてきた家の内容を聞くことでも営業マンのレベルを測ることができます。

営業マンの対応力や、センス、営業マン自身の家づくりに対するこだわりを把握しましょう。

5、まとめ

現在の家つくりは、営業マンに始まり営業マンで終わりますから、営業マンによって家つくりの全てが決まってしまうともいえるのです。

営業マンを良く観察しながら進めて、後々トラブルや後悔のないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/920-8c3f4c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。