家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >建売住宅を格安で買う方法HOME > 住まいの情報 >建売住宅を格安で買う方法
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

建売住宅を格安で買う方法
deuu34.jpg
建売住宅を購入したいが予算が・・・という人は多いですよね。

「とにかく一軒家が欲しい、建物の質はあまり気にしない。」という人も多いようです。

ネット上でも、格安物件、激安情報・・という公告を見かけます。
しかし、そのような公告には本当の格安物件などありません。

それらの公告は、あくまでも集客用でしかなく、安い坪単価で集客するローコストメーカーと同じ戦略なのです。

本当の格安物件は、ネット公告を出し営業展開をするような余裕のある所にはありません。

建売住宅は数棟まとめて建てるのが一般的で、通常は借入して計画します。
当然、金利負担が発生しますから1~2年程度売れ残ったとしても、利益が出るような利幅を取っています。


建売住宅も最近は構造的にしっかりして、デザインも洗練されたものが増えましたが、業社が利幅を多く取るだけ、注文と比較すると原価が安い建物となります。

だから、建売はすぐ売れれば大儲け、売れなければ金利負担を考え、できるだけ早く処分したいのが販売会社の本音なのです。

立地条件がよく人気の場所で即完売は別として、普通は高い買い物ですから売れ残っている物件は必ずあります。

販売して3ヶ月~半年程度を目安に、売れ残っている物件を交渉することです。

最初からあせって足元を見られないよう、自分の予算は秘してどこまで下がるか価格交渉をしましょう。

販売業社によっては、自分が想定してた予算よりも大幅に下げてくることもあります。

「建売の売れ残りって、何かいわくがあるのでは・・」と思う人がいるかもしれませんね。

私も住宅会社の企画で建売住宅を手がけた経験がありますが、販売側の思惑に反して、意外と条件の良い角地の建物が残ってしまったりすることがですあるのです。

販売当時の見学者も一番多く人気投票もNO1、予約も入ったのですがキャンセルと何が原因なのか不明のまま1年近く売れのこっていました。

結局、販売会社は条件の良い角地なのに、他の物件よりも大幅値引きで処分しました。

建売住宅は販売してから2年経過すると、中古住宅として売ることを法律で決められています。
しかし、海千山千の強者だらけの業界、販売時期をぼかしたりしている業社も多くいますよ。

それでも2年近く経過すれば、金利はかさむし維持管理費もかかりますから大幅値引き処分します。

このように、建売住宅を格安で購入するには、足で歩いて現場を確認し交渉することから始めてください。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/923-133c1432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。