家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >太陽光発電新時代に突入HOME > 住まいの情報 >太陽光発電新時代に突入
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

太陽光発電新時代に突入
sk77ho.jpg
太陽光発電は、太陽光パネルで発電した余剰電力を、電力会社が買い取る買取システムで新時代を迎えましたね。

太陽光をローンを組んで導入し、買取システムで支払いしていく「売電ライフ」の実現です。

中には、太陽光発電を導入するのに、お客さま負担0円という住宅会社もあります。
でも、当然その会社の住宅購入が前提ですし、既存住宅にお住まいの方は利用できません。

しかし、当初負担はパネル代と設置費用と補助金額分で補助金が交付されれば、即お客さまの口座に振り込まれるので、「実質8万円の太陽光発電」というシステムが出来ました。

今回紹介するのは(株)DMMという会社のシステムですが、その仕組は、太陽光発電で発電した電気をお客様とDMMで分割し、共同で売電していきます。

お客様「2割」DMMが「8割」の割合で電力会社に10年間売電する契約をします。11年目からは売電によって得られる収入は全てお客さまの収入になります。

特にソーラーパネルを何枚設置しても実質8万ということですから、11年目以降を考えれば多い方が得になります。

<初期投資の約8万円の仕組み>

・パネル代金+設置費用(税込) 27万円

・太陽光補助金(神奈川県伊勢原市の場合)17万円

・実質オーナー負担 8万円

(別途電力会社から売電メーター購入費が発生します。費用は電力会社によって異なります)

以上のような計算になっていて、地域の補助金額によって違いは出ます。

それは、紹介サイトでシュミレーションすることができます。

また、売電はソーラーパネルで発電した余剰電力を売るので、分割売電の2割が収入になり実質使用料との計算で1年間2万3千円得する計算になっています。

あまりの低金額で「本当?どこか怪しいのでは?」と思う人も多いでしょうね。

しかし、ローンを組ませ売ってしまえば、いい加減な工事でドロンする悪徳業者も多い中、10年間共同経営で売電していくのですから、いい加減なことはできません。

そのために、現地調査をした上、築年数や地域によっては対象外家屋も出てきます。

私も試しに申し込もうとしたら、築年数30年以上で対象外でした。

「ソーラーパネルのメーカーは安心?」という人もいるでしょう。

ソーラーパネルのメーカーはGRID(グリッド) まだ知名度は低いかも知れませんが、設置条件の厳しい雪国でも実績を伸ばしている企業です。GRID(グリッド)

ソーラーパネルは設置状況や周囲の環境によって発電量に違いが出て、若干の金額の変動はあると想われます。

興味のある方は、公告ページの内容とQ&Aをよく読み、シュミレーションをして最終金額を確認することをオススメします。






関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/930-e85c9817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。