家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >フローリングは無垢?合板?HOME > コラム >フローリングは無垢?合板?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

フローリングは無垢?合板?
ml45j.jpg
最近は無垢(天然)フローリングがブームのようで、どのような材種がよいか、欠点はなどとよく聞かれます。
反面、無垢フローリングは反ったりするし、手入れが大変と言う方もまだまだ多いですよね。
無垢材は手入れをして、木から自然と滲み出る油成分により年月とともに自然変化するのが良いのではないでしょうか?

「こまめに手入れができない」という方には、逆効果ですから無理にはオススメできません。

よく、「無垢材は水をこぼしたりすると滲み込んで長い間に腐ってくるのでは・・」ということを聞かれますが誤解もあるようです。

水をこぼしたり結露などで、手入れもせず水のシミが出来るような状態にしておけば、合板フローリングの方が長持ちしません。

合板フローリングは表面は耐水加工(1~3mm程度)してありますが、年月ととも表面が摩耗したり、接合部に少しでもスキマができたりすると下地合板に水分が滲み込み、たちまち劣化してしまいます。

合板フローリングは常にワックス膜でテカテカに塗っていないと、新築時のような綺麗な状態は維持できないのです。

経年変化で劣化した合板フローリングほど見られてものではありませんよ。
いつの間にか、あこがれのフローリングの床がカーペットで覆われないよう手入れは必要です。

「無垢材だと合板と比べ傷が・・」という人も多いですよね。

最近の合板は表面が硬化樹脂加工され、大変傷付きにくくなっています。
しかし、重いものを引きずっったり、大きな衝撃や鋭利な刃物などでは傷は付きます。
その場合は補修は効かず、張替えしかありません。

反面無垢材は、材種の違いにより表面の硬さに違いはありますが傷はつきやすいです。
ただ、軽度の傷なら熱湯を掛けたり、濡らしたタオルの上からアイロンで押さえたりすれば元に戻ります。大きな傷は同じ材料で埋め木すれば良いのです。

それでも床の傷などを気にする人には、無垢フローりングはオススメしません。

無垢フローりングを使用するには、「童謡・背くらべ」に出てくる「柱の傷」を許容できるライフスタイルの人にオススメです。

また、無垢フローリングを使用するにしても、生地のままにするか塗装(トップコート)材にするかで悩む人も多いようです。

無垢フローリングを塗装した商品は、耐久性にも優れていますが、通気性がなくなり無垢材がもつ調湿機能や蓄熱性が発揮できません。
それは、結局表面を合板と同じ状態にするわけですから、「見栄をはっただけの高級無垢フローリング」としか言えないのではないでしょうか?

私が無垢フローリングを採用する場合、生地のまま使用し、トイレ、洗面所、キッチンの一部を現場でウレタン塗装しています。

なぜ、全面塗装しないのかというと、無垢材の通気性を残すことにより木材が本来有してる調湿機能や蓄熱機能が発揮されるからです。

例えば、寒い冬に合板床はとても素足では歩けませんよね。それは、無垢材塗装品でも同じです。
しかし、塗装をしない無垢材ですと、ある程度の厚みがあれば、暖房が蓄熱され素足であるけます。

特に、スギ、ヒノキ、マツ(パインなど)系の床材は調湿・蓄熱機能が優れていますが傷はつきやすいです。

サクラ、オーク、ナラ・ケヤキ・・・といった堅木系の床材ですと繊維が密なので調湿・蓄熱機能がやや劣りますが上記の材種に比べると傷がつきにくい材料です。

「水まわりでも全て生地で張るのに適した材はないの?」という方もいるかも知れませんね。

その場合、私は「ヒノキ」を推薦します。

ヒノキは「ヒノキ風呂」などでもご存知なように、樹液に油成分が多く湿潤な状態でも腐りにくく、抗菌能力の高い木材です。

また、昔から「ひのき舞台」という言葉があるように、無垢材しかなかった時代、木の文化を知り尽くした先人たちのあこがれの床材が「ひのき」でした。

最期は「ひのき材」営業マンのような記事になってしまいましたね。

あなたのライフスタイルにあったフローリングを選べば良いのですよ。

無垢フローリングの手入れはこちらを参考にしてください。 「無垢フローリングの手入れ」

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/934-45eae285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。