家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ハウスメーカー・工務店どこに頼めば?HOME > 家づくりノウハウ >ハウスメーカー・工務店どこに頼めば?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ハウスメーカー・工務店どこに頼めば?
bvbv38.jpg
家を建てるのにハウスメーカー、工務店どちらに頼めば良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

マスコミの宣伝、知名度では、圧倒的にハウスメーカーが有利なのですが、このような悩みが存在するには工務店に期待する一面もあるようです。

ハウスメーカー、工務店の一般概念としての違いは、「ハウスメーカーは高いが工務店は安くできる。」「ハウスメーカーは大企業で建物の内容も進歩していて安心できるが、工務店は規模が小さく対応力の面で不安がある。」というところでしょうか?

まず、「ハウスメーカーは高いが工務店は安くできる。」と言う考えですが、工務店が安い家ばかり造るのでなく、ハウスメーカーの人海・物量戦術による営業攻勢により、まだ需要の多い低価格住宅層に生きる道を求めた結果といえるでしょう。

それでは、ハウスメーカーは高いが安心できるかという点ですが、企業規模的な面では安心できるでしょうが、建築知識不足の営業マン、契約を急ぐ販売最優先の営業方針、見積書の不明瞭・・などから、トラブルが多く発生している事を考えると一概には言えませんよ。

工務店で心配なのは、経営難から倒産などの不安が一番多いでしょう。
こればかりは、経営の実態を明確に把握するのは困難で、地元の口コミ評判や年間10棟程度の着工棟数をこなしているかが、安心の目安判断となります。

工務店に安心を求めるのに「完成保証は付かないのか」という声もありますが、「完成保証制度」は個人工務店程度の規模では、「完成保証制度」側のリスクが大きく、加入出来ないシステムになっています。

それに替わる物として「瑕疵担保保証」が存在します。

「完成保証制度」にこだわる場合は、工務店を集めて業務展開する「フランチャイズ制」加入の工務店です。
しかし、これはフランチャイズメーカー規格住宅ですから設計の自由度は少なく、工務店を集めたハウスメーカーといって良いでしょう。

それでは、個人経営程度の工務店はハウスメーカーやフランチャイズ制の会社より、建物の内容で進歩が無いとは言いきれません。そのような工務店は個人営業住宅のほかに、設計事務所の住宅も手掛けます。

私の経験からも、伝統技術が継承されすばらし仕事をし、最新技術にも研究熱心な工務店はまだ多く存在します。
例えば、大手ハウスメーカーと同じ建築価格で、そのような工務店に依頼すれば、設計自由度の少ないハウスメーカー住宅より、はるかに内容の優れた住宅が出来ます。

確かに、大手ハウスメーカーは研究開発が進んで、最新の技術・設備を取り入れていますよね。

しかし、「行き過ぎではないか?」と思えるふしもあり、最新の技術・設備でコストがアップする分、住宅の間取りや構造が単純化され、展示場は別として現実に建っている建物は、より生活スタイルが画一されたプランの住宅が増えている傾向にあるのではないでしょうか?

また、別の勢力として大手ローコストビルダーが低坪単価表示で人気を集めていますよね。

しかし、低坪単価表示の割に完成時は平均が通り相場価格(坪50万前後)というから、安い坪単価は「少しでも安い家を・・」という顧客の欲目心理を突いた「客寄せ表示」でしかないと言って良いでしょう。

また、集客法として大手ハウスメーカと同じく、チラシ、展示場、営業マン,マスコミCM・・と多大な宣伝費、企業維持利益が建物価格に上乗せされるのですから、最終的に工務店と同じような価格帯であれば「建物内容はローコスト仕上げでそれなりに出来てます」といっているようなものではないでしょうか?

余分な宣伝費、経費を抑えて造ってこそ、本当の意味のローコストではないでしょうか?

私は、今回「工務店の家はハウスメーカーより安っぽい」という説に誤解が含まれていると思い、記事を書きました。
決して、工務店で家を建てるのが一番良いといっているわけではありませんよ。

ここで、家を建てるのにどれだけ住宅関連会社があるか整理してみましょう。(注文住宅限定)

1,ハウスメーカー ・大手ハウスメーカー(鉄骨系、RCパネル、木質パネル、2x4、在来工法
              が得意なメーカーの全国展開)
             ・地域ハウスメーカー(工法は大手と同じような種類だが地域限定)
             ・大手ローコストメーカー(工法は在来工法などで低坪単価表示、全国展開)
             ・地域ローコストメーカー(工法は在来工法などで低坪単価表示、地域限定)

2,地域工務店   ・地域を限定とした小規模工務店(在来工法での新築、リフォームが主)
             ・フランチャイズ参加工務店(フランチャイズ本部の工法で在来、
              木質パネル、2x4など)

3、その他のビルダー・地域ビルダー(地域ゼネコンなどで、自社若しくは設計事務所設計の仕事が主で
              木造から、鉄骨、RC造まで手広くこなすが、高額物件が主)

こうしてみると一概にハウスメーカーと工務店だけで、どちらが良いかの比較は難しいのです。

住宅には、多くの構造・工法があるように、それぞれの住宅会社にも得意の構造・工法があります。
それらの特徴をよく知り、自分がどのような家に住みたいかを検討し、その家を建てるにはどの住宅会社が良いかの手順を踏んで決定してほしいのです。

決して、ネームバリュー(知名度)だけで決めないでください。


  





           
関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/938-058227b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。