家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >自転車操業の業界HOME > 住まいの情報 >自転車操業の業界
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

自転車操業の業界
xope66.jpg
住宅業界は、自転車操業の会社が多いと昔からいわれています。

自転車操業とは、自転車は走るのをやめれば倒れてしまうところからたとえ、資金の借り入れと返済を繰り返しながらかろうじて操業を続けている経営状態のことです。

特に、個人工務店、中小住宅会社はこの傾向が強いと言えるでしょう。

どうしても請負契約の仕事が主ですから、請け負う仕事がなければその期間借り入れをし、仕事を受注すれば手付金や中間金、完成金で返済を繰り返すようになります。

また、建売などを企画すれば、多大な先行投資金の借入を起こし、完済まで金利の支払いも発生しますから、利益幅を多く取り、すぐ売れれば大儲けですが、売れ残りを抱えていますと首が締まります。

以前は、苦しい経営状況の起死回生を狙い建売販売をして、倒産や経営者の夜逃げに至った例が多くありました。
(現在もまだ同じような問題は起こっています。)

大手ハウスメーカーでも営業形態は請負契約ですからウカウカできないのですよ。
そのため、営業マンの尻をたたき、常に顧客開拓と新規契約を目指しているのです。

このように実態がわかれば、契約を急がせる営業スタイルも理解できますよね。
でも、だからと言って内容が納得できないまま契約しないようにしてくださいね。

誰れでも自分が依頼した住宅会社が倒産なんて嫌なはずですよね。

自分の家を建てた会社が育ってほしい、いつまでも存続してほしいと思うなら、支払いはズルズルと引き伸ばさないようにしてください。

注意してほしいのは、競争見積りなどの場合、会社がどうしても受注しないと危険な状態にあると、とんでもなく安い見積りをあえて出すような会社もあります。

「ここの会社は他社よりも大幅に安い、これは得した!」と喜んでいるだけではだめですよ。
欲目だけで判断せず、本当にその会社に依頼して今後も安全なのかどうか調べる必要があります。

「自転車操業」いやな言葉ですが、これが業界の実態なのです。

そこには、大小の違いに関わらず、企業の思惑が渦巻いていますから巻き込まれないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/940-606bd2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。