家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >素人の淺知恵HOME > コラム >素人の淺知恵
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

素人の淺知恵
lhg321.jpg
最近「間取りはハウスメーカー、建築工事は工務店」と考えている人が多くいるようです。

間取りは大手ハウスメーカの方が優れていて、工務店なら安くできるからという発想からでしょうか?

しかし、これは全く素人の淺知恵といってよいでしょう。

中には「鉄骨系のメーカー間取りを工務店の木造で」という人もいましたが、これでは構造が違うのですから「ミソもクソも一緒」と同じ考えです。

大手メーカーに間取りを依頼するといっても、本社設計部が企画商品化した範囲内での間取り作成でしかありませんから、自由設計といっても限度があります。

また、間取り作成の実態はマニュアルに沿って、どこも営業マンか間取り担当者が作成しているのです。 ですから、個人個人の間取りを白紙から検討するのではないのです。

「え、営業所にも設計士がいるでしょう?」というかも知れませんね。

設計士は確認申請業務やオプション対応の検討程度で、営業行動最優先からそのようになっています。

簡単に言えば、ハウスメーカ営業所の設計士は、いつも本社企画商品への対応ですから、一般住宅の設計能力に乏しくなっています。

中には、確認申請などの設計業務は設計事務所などに外注している所も多いのです。

ハウスメーカーによるマスコミ宣伝やチラシ・パンフレットの物量攻勢が誤解を生んでいるようです。

注文住宅とは企画商品の応用ではなく、あなたの要望に応えるためのオリジナルな間取りでないでしょうか?

工務店では間取り作成の能力に欠けているとおもっているのでしょうか?

もし、そのような工務店はそれなりの仕事しかできず、これからの時代に生き残っていけません。

中には、設計事務所顔負けの設計をする工務店もあるのです。

通常、工務店に間取りから設計を依頼しても、確認申請は必ず設計士が必要ですから設計士と提携しています。

工務店に設計能力がないとすれば、そのラインを生かし特別な設計料は求めなくても、お客様の間取り要望に答えるため自由度のある間取りで考えていきす。

「間取りはハウスメーカー、仕事は安いから工務店」の考えではチョット悲しく、工務店を誤解していますよ。 そのような考えを改めないと、工務店サイドもそれなりの仕事しかしないでしょう。

他社が作った間取りで家をたてるのと、お客様と一緒に考え自分達が参加した間取りで家を建てるのでは、家造りへの愛情が全く違うと思いませんか?

間取り図、設計図は住まい造りの基本となるスタート部分です。

最初からラインを一本化してこそ、良い家ができるでしょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/942-b3700fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。