家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >障子の魅力HOME > インテリア >障子の魅力
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

障子の魅力
kuri49.jpg
最近は、障子を使う家が少なくなりましたね。

和室があっても使わないという家が増えています。
「障子紙を貼り替えるのが大変、それに破れるし・・」ということでしょうか?

障子の魅力は光を柔らかに通すとともに、外から見られるのを防ぐし遮蔽の役割を果します。

英訳名「スライディング・ウォール」といわれるように、内部と外部空間を二つに区切り、時に応じて一つの空間にもできるという臨機応変性は、障子が持つ特性でしょう。

障子一枚で内部と外部空間を仕切ったり、連携したりする空間構成は日本独特のものといえます。

西欧では建築は自然に対抗する手段と考えているが、日本では建築は自然の一部であり、室内の空間もまた自然の一部であると考えられてきました。

この考えにぴったりなのが障子です。

軒先の障子をあければ庭とつながり、家の中の空間も自然の一部となり、四季を楽しむ日本独特のものです。

しかも、和紙には無数の小さな穴があり“呼吸”しています。

障子がしめてあっても空気は自由自在に“往来”して外の自然との連絡をしてくれるのです。
こんなキメの細かいことは、ガラスではとうていできません。

障子は、日本の風土に根付いた暮らしの道具だったのです。

しかし、断熱性、気密性には乏しくアルミサッシの普及とともに形式だけの存在となってしまいました。

でも、障子がおもに使われていた時代には結露騒ぎなどなく、アルミサッシの密閉住居になったとたん結露が問題になってきたといえます。

気密型住宅が全国に広がっていますが、1年中窓を締めっきりというわけにもいきませんよね。

オシャレなカーテンやブラインドも良いでしょうが、現代和風には障子がデザインとして生きてきます。

気温の温暖な春や秋には、窓を開け障子を上手に利用してはどうでしょうか?

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/943-39cc193c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。