家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >先の見えない保証HOME > コラム >先の見えない保証
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

先の見えない保証
xmml.jpg
現在家を建てる保証として国が定めた10年間の瑕疵担保保証があります。

それとは別に大手ハウスメーカーでは20年、30年間の保証というものがあります。

当然建物も長期優良住宅仕様だったり、標準仕様よりはグレードがアップします。
また、長期保証にたいする金額も含まれ、各社ともコストアップの内容となっています。

この件に関し下記のような相談メールがありました。

「現在在来工法で家を検討していますが、大手木造メーカーは長期優良住宅仕様+30年保証で総額4000万円(諸費用、外構込み)、地元工務店では申請はしないが長期優良仕様で3400万円です。」

「差額が600万円もあり迷っています。どちらがよいかアドバイスお願いします」という内容です。


私も、大手メーカーの30年保証の内容は具体的に解りませんが、600万円の差は大きいですよね。
30年のローンを組むとしたらその期間に約倍の、1200万円の支払が増えるわけです。

一つ疑問に思うのは、長期優良仕様にしてさらに30年保証を付ける必要があるかどうかです。
現在の木造住宅は、短工期、粗悪木材の使用などで寿命が短くなった建物が多く不安が広まってしまいました。

さらに最近の建売住宅では、強度の劣る「ホワイトウッド」材の使用などで木造の評価が低下しています。

そのような不安につけ込んで、顧客の囲い込みを狙ったのが大手メーカーの長期保証システムといえるでしょう。

30年間の長期保証といっても、実際にどこまで対処してくれるのか明確な事例はまだありません。
当然、大地震などの天変地異に」よる損傷は対象外でしょう。

また、現在のように先の見えない経済状況では、大手メーカーといえ30年先の存続自体危惧されます。
存続していても、社の運営が悪化していれば、保証の対応も変化するはずです。

全ては現在の企業状況での30年長期保証でしかなく、公的なものでないので先の見えない保証にしかすぎません。

在来工法の木造住宅であれば「適材適所」の木材を使用し、長期優良仕様で適切な工期で建てれば50年以上は十分長持ちします。

もしも、依頼した工務店が存続しなくなっても10年間は瑕疵担保保証されますし、それ以後でも在来工法ですから、どこの工務店でも対応はできるのです。

住まいを長持ちさせるには、自らのこまめな点検や維持管理も大切です。
そのためにも、メンテナンスの費用を考え無用な初期投資は抑えるべきです。

大手メーカーに全て頼っては、お金をドブに捨てるようなものですよ。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/946-065599e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。