家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >競売・公売物件HOME > 不動産の知識 >競売・公売物件
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

競売・公売物件
muk25.jpg
安い土地・建物をを手に入れたいと言う人には、競売・公売物件の土地があります。

競売とは、住宅ローンの返済を借り手が返済できなくなり、金融機関などの債権者が担保となっている不動産を差押え裁判所に申し立て、裁判所が売却するのが競売物件です。

公売とは、国や自治体が税金の滞納者の不動産などを差押え、売却するものです。

どちらも、取得するには入札が行われます。

これらの不動産は、最低入札価額が実勢価格に比べはるかに安いので魅力のある土地といえるでしょう。

しかし、入札前に保証金が必要となり、入札までの期間が短く、不動産の価値判断を誤らずに迅速に決めなければいけません。

また、落札できたときには期限内に残額を現金で支払うことになりますので、資金の事前準備も必要です。

競売・公売物件の土地は安いのが魅力ですが、更地でなく建物が建っていて入居者がいる場合には、自分でで立ち退きを迫る必要があり、ちょと厄介な面もあります。

また、安く手に入れるためにはそれなりのリスクを伴い、立ち退き交渉を狙って、危ない筋の人が絡んで来る場合があります。

最近は素人の方が建物付きの競売・公売を落札し、古い家を解体して新築するか、リホームして住むというのが大変増えています。

しかし、個人で動くには前述のようなリスクも多く、不動産業者を介して情報を取得し動くことをオススメします。

このような競売・公売物件の他に、国や自治体が所有している不動産を競争入札で売却する方式もあります。
こちらは、競売・公売物件のようなトラブルはないですが、大手不動産業者が動きが激しく個人では厳しいといえます。

競売・公売物件の情報を手に入れるには、各地方裁判所だ調べることができます。
また、こちらは全国の最新情報が調べられます。全国不動産競売物件情報

  




関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/949-3ca38297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。