家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >コストダウンのアドバイスHOME > 家づくりノウハウ >コストダウンのアドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

コストダウンのアドバイス
kaki.jpg
家を建てようとしている方、コストの壁にぶち当たり苦戦していませんか?

住宅のコストは、各工事や商品それぞれのコストはわずかでも積み重ねてみると大きな金額となりますよ。

やっと希望の間取りが出来たと喜ぶのもつかの間、見積もりでコストの現実を突き付けられます。

理想をとるか、現実を取りコストダウンに取り組むかの選択を迫られますよ。
でも、コストダウンを意識しすぎて、満足のいかない家にはしたくないですよね。

コストは積み重ねですから、一部をコストダウンしたからと言って大きくはさがりません。
コストの大幅ダウンを考える時、家の面積や空間の大きさを調整するか、商品グレードを検討するかとなります。

家の面積や部屋数を削れば簡単ですが、同じ面積でも家の形状をシンプルにしたり、できる限り部屋の間取りをオープンにすることでもコストダウンはできます。


商品グレードを検討する場合は、見積の商品項目をよくチェックし、数多くの項目を見直すことです。

例えば、簡単にコストを下げやすいのは、外壁や屋根といった面積の大きな部分です。
また、住宅設備機器も機能と価格よよく見比べてみましょう。

また、工事内容によってもコストは違ってきます。 例えば、内壁を仕上げるのにクロス張り(乾式工法)にするか、塗壁(湿式工法)にするかでも大きな違いがでます。

湿式工法ですと材料と手間賃が高くなりコスト高となちます。これは外壁の仕様でも同じとなります。

施主が支給できる商品を多くするのも一つの手です。
このとき注意するのは、施工上の責任や保証関係を明確にしておきましょう。
例えば、アフターなどで施工が悪くトラブルが発せしても、「支給品だから・・」と責任のなすり合いが起こる場合もありますから注意してください。

また、住宅工事を最初からパーフェクトに考えず、施主が出来る事は自分でするという方法もあります。

例えば、玄関ポーチやテラスのタイルや石を家族で仕上げると言う方もふえています。
日用大工でウッドデッキを作ると言う方も増えていますよ。

プロがきれいに仕上げたよりも、精度が悪くても家族の家づくりの思い出の1ページとしていつまでも心に残るのではないでしょうか?

このようにコストストダウンは様々な角度から見つめて検討しましょう。

予算を無理やり値切り、手抜き工事を心配するよりも、現実を見つめコストダウンに取り組んではいかがでしょうか?

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/955-d637bf13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。