家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >2つの家づくりラインHOME > コラム >2つの家づくりライン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

2つの家づくりライン
d2wwe.jpg
家を建てようとする時、どこの建築会社に頼んだら良いかわからないという人が多いのではないでしょうか?

この住宅建築会社を選ぶ時点で、大別して2通りのラインがあります。

一つは、大手を含む広範囲に営業展開しているハウスメーカー系で家を建てるのと、もう一つは地元工務店や地域ビルダーです。

この2通りのどちらが良いかというより、どちらが自分達の家づくりに適しているかを考えた方が良いのではないでしょうか?

完成後のクレーム相談などを受けると、意外とこの入口を間違えた人も多いのです。

それではそれぞれの家づくりスタイルをまとめてみましょう。

<ハウスメーカー系>

こちらは展示場で見学し、間取りやデザインは企画されたものがそろっています。
予算に合わせて用意されるパンフレットや資料に沿って進んでいきます。

それは、豊富に用意される資料から組み合わせていくだけで、メーカーによる違いこそあれメーカーのオリジナル企画商品から選ぶことになります。

しかし「写真で見て気に入ったどこかの家のように」というような注文をだすと、可能であれば高額なオプションが発生するか、断られるかとなります。

また、予算的には営業経費のウエートが多く、地元工務店や地域ビルダーに比べ1割強ほど高くなりますが、営業から完成引き渡しまでは管理がいきとどき、工場規格商品が多く品質は均一化します。

ただし、営業時点では納得していなくても契約を急がされたりとメーカーペースで進行します。

大手ローコストメーカーの場合は、坪単価標示は異常に安いですが客寄せの標示であって、完成時の価格は地元工務店や地域ビルダーとほぼかわりません。

ハウスメーカー系だ建てる人は、家づくりにあまりこだわりを持たない方や、家づくりの勉強をする時間がなく、提出された資料からの選択で良い方に適しています。

また、そのような方でも、予算的に無理がある場合、ローコスト系の選択が無難です。

<地元工務店や地域ビルダー>

こちえらの、魅力はハウスメーカー系に比べ予算が安くなり、かつ注文に自由度があり細部工事予算が見える点ででしょう。しかし、設計事務所を通すと設計料やデザイン内容によって高額になります。

展示場展開をしている所は少なく、少ないパンうレットや完成見学会程度となり、営業時点での動きはハウスメーカーに比べ劣りますが、木造などの知識は豊富です。

部材は規格商品が少なく現場加工が多くなり、下職の施行能力によって優劣が出やすいのが難点です。

こちらを選ぶ場合、予算や注文にこだわり納得したい方に適してります。
ただし、それにはある程度家づくりを勉強する準備期間がないと業者指導となり、ハウスメーカーと同じになってしまいます。

地元工務店や地域ビルダーで良い家を求めるなら、業者選択も含め準備期間を持って下さい。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/961-03575649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。