家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家が寒い!HOME > コラム >家が寒い!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家が寒い!
df63h.jpg
「大手鉄骨系HMで住宅を新築し、最初の冬を迎えましたが家が寒いのです。断熱工事もきちんとしたし、隙間風も入りません。しかし床などがヒンヤリして寒いのです。どうしたら・・・」という質問がありました。

このような場合、施工不良とそれまでの住環境の違いによる体感の場合があります。「

住環境の違いによる体感とは、それまで住んでいた地域の温度差の他に、鉄筋コンクリートのアパートなどに住んでいた人が特に多く感じるようです。

アパート、マンジョンのたぐいは、コンクリートの熱容量が大きく、一度暖房により熱を蓄えるとなかなかさめません。それに両隣、上下階で暖房しているのですからとても暖かいのです。

逆に戸建て住宅は、周囲が開放された外部空間で、冷え込みや寒い風をまともに受け手いるからです。

また、小刻みな田の字間取りのアパートは、天井も低く室内空間も新築住宅ほど開放的でないので暖か買ったのです。

新築2、3階建てとなると熱は階段や吹き抜けを通して上昇しますから、2、3階は暖かいが1階が寒いという家が多いのです。

このようなアパート空間から戸建て新築を計画する場合、暖房計画を1ランク上げることをオススメします。

断熱・気密性能の他にも、エアコンなどの個別暖房器具もアパート時の畳数での選択ではなく大きめのを選びましょう。

最も重要なのは、やはり断熱・気密の性能と施工精度です。

しかし、あまり気密を優先しすぎると、湿気の多く発生する場所で結露が発生しやすくなりますから、通気にも注意して下さい。

「戸建て住宅はアパート、マンションより寒い」を念頭において、家作りを計画しましょう。

  




関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/966-b95f38fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。