家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >マンションの盲点HOME > 住まいの情報 >マンションの盲点
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

マンションの盲点
aka812f.jpg
マンション購入を考えている方、騒音に関するクレームが増えていますから注意してください。

一戸建ての住宅だと、室内音が響いても身内の音、あまり騒がしければ「うるさい!」と言えばいいのですが、上下左右の隣人だとそう簡単にはいきません。

上下左右の方のライフスタイルまで確認してマンションを購入する訳にはいきませんよね。

私の知人も、注文住宅を建てるよりマンションの方が手っ取り早いとマンションを購入し、当初は日当たり見晴らしに満足していたのですが、音に敏感なのか「騒音問題」でノイローゼぎみになっています。

現在のマンションは遮音性能値L-50、L-45という数値を目標に施工し、少ないほど遮音性能がよくなります。

例えば、人がとび跳ねたり歩行する音が、L-50は「小さく聞こえる。」L-45は「聞こえるが意識することはない」となっています。


しかし、これらの数値はあくなでも目標値にしかすぎず、遮音施工を実測して初めて解る数字なのです。

カタログにL-45と表示されていても、目標数値の施工をしたが実測はしていない場合も多いのです。

実測したにしても、標準的な生活音で様々なライフスタイルの音は調査できません。

また、音に関する受け止め方は人によっても違ってきますよね。

静かな環境の中で暮していた方は方は少しの音でも気になりますし、騒音の多い環境にいた方には天国に感じるかもしれません。

どちらにしても、マンションを購入して住んでみないと分からないのが問題なのです。

騒音が気になって業者に言っても、「L-45の基準で施工しています」程度の返答で、騒音とはなかなか認めないのです。

マンションは戸建住宅と違い、上下左右はコンクート壁一枚の隔たりで他人が生活しています。
気になりだすと、調理や風呂、便所にいたる日常生活音まで騒音と感じるようになります。

特に「自分は音に敏感だ」という人は、慎重に購入を検討しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/970-654e3b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。