家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >設計事務所の予算オーバーHOME > 住宅設計 >設計事務所の予算オーバー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

設計事務所の予算オーバー
asi7yuki.jpg
設計事務所に住まいの設計を依頼するときは、当然建築予算を提示すると思いますが、設計図で見積してみたら予算オーバーという例が大変に多いのですよ。

多少の予算のズレは設計変更や施工会社との話で調整がきくでしょうが、500万円以上1000万円近い予算オーバーとなると、基本的に設計をやり直さないと調整できません。

これは意外と多く、施主は設計した住宅の計画をあきらけたが、建たない家の設計料が要求され、トラブルなっている例が多いのです。

設計者は、設計契約を交わして施主の要望に添って設計したのだからと設計料の請求、しかし、施主側は予算を提示したのに、予算オーバーで建たない家の設計料をなぜ払わなければいけないのか・・・。

なぜこのようなことが起きるのか、打合せ過程にもその要素はあるでしょうが、プロとして予算コントロール不足、設計者の予算管理能力不足としかいえません。

簡単にいえば、設計やデザインは上手に出来るが、材料費や現場施工費、人件費などの総合的な予算把握能力のない設計士が多いのです。

また、100万円程度の予算オーバーなら、競争入札で仕事の欲しい業者が調整して受注する場合があり、このような悪習慣が設計者の予算把握意識を希薄にしているとも言えます。

設計事務所は大手ハウスメーカーや工務店などと違い、設計企画力とデザインを「売り」としています。

HNや工務店なら通常営業の物件に大きな変化はなく、おおよそ坪単価で把握できます。 しかし、既成概念にとらわれない自由設計となると予算は設計内容によってそのつど違ってきます。

当然そうなると、設計の細部に至るまで予算管理能力が求められますが、長年の現場監理経験がないと備わってこないのです。

予算管理能力が備わっていなければ、途中で予算オーバーになるからどうするかという打合せも出来ず、最後で前述のような悲劇となってしまいます。

今回のようなトラブルは、設計コンペなどでよく聞かれます。
設計コンペは、競争設計ですから施主にアピールするには、デザインを強調しがちになり、予算を度外視しされやすいのです。

また、設計コンペは通称仕事が切れない設計者は参加しません。
自分を売り出したい若手設計者や、中には建築課学生の作品があったりします。
このような環境が、コスト意識の費薄な設計物件になっているようです。

コンペでないにしても、設計事務所に依頼するならデザイン力だけでなく、予算管理能力があるかどうかも見極めましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/971-7e2203af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。