家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ハウスメーカーで家を建てるHOME > 家づくりノウハウ >ハウスメーカーで家を建てる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ハウスメーカーで家を建てる
3_50709_90x90.jpg
ハウスメーカーの現状

ハウスメーカーは一般的に、建物の工法、材料、寸法の仕様を決め、行政から認定を受けた規格工業化住宅を販売します。


規格化により、部材を大量に仕入れ工場加工することにより、大幅なコストダウンを図れますし、住宅の許可も規格化によって簡略化されてます。

しかし、最近のハウスメーカーは、顧客の嗜好の多様化により自由設計や、規格商品にオプションや色、仕様に幅を持たせた商品などの住宅を販売するのが多くなりました。

この場合は工務店と同じような形態なので、プレファブ化による大量生産ができずハウスメーカーとしての本来のメリットはありませんが、デザインを洗練し住宅設備のグレードを上げ高級住宅化することによりハウスメーカーとしての経費を確保しています。

本来、プレファブリケーション(大量生産)を基本に安価な住宅を提供をすることで成長したプレファブメーカーが、高級住宅大手ハウスメーカーとしてしのぎをけずっています。

ハウスメーカーには、前述した大手ハウスメーカーと、主に工務店が成長、発展して規格住宅を販売する中小ハウスメーカーがあります。
両者を比較すると、大手ハウスメーカーは企画・開発力、信用力があるのに対し中小ハウスメーカーは融通性があるのが特徴でしょう。

建築コストは一般的に工務店などと比較して、仕入れ原価は安くても営業面(企画・開発、宣伝広告、モデルハウス、人件費など)の経費幅が大きいので高くなります。

また、規格品であればそれほど高くはありませんが、規格にないオプション、フリープランなどで規格からはずれるほど価格は高くなります。

大手ハウスメーカーのメリットとしては、保証に関する安心感でしょう。
品格法によりどの業者でも10年間の瑕疵保証を義務付けられておりますが、ハウスメーカーによっては独自の長期保証をしているところもあります。

また、品格法で瑕疵保証が義務付されても、会社存続の意味では工務店や中小ハウスメーカーより大手ハウスメーカーの方が信用度が高いでしょう。

建築棟数の多い大手ハウスメーカーは、金融機関との取引も多く、金融機関とのグループ提携などで、住宅ローンが組みやすいのが特徴です。

ハウスメーカー選択

ネット上の住宅サイトで、多種の大手ハウスメーカーの名をあげ、どのメーカが良いのか意見を求めている人がいますが、現在の大手ハウスメーカーはどのメーカーでも商品のレベルは高くどこのメーカー商品を選んでも同じです。
モデルハウスはどこも素晴らしく、目移りするばかりでしょう。

商品レベルは高いがネット上では、入居者のハウスメーカーに対するクレームが多くこのような問いかけが後を絶ちません。

この状況は、ハウスメーカーの商品イメージだけをとらえ、家を建てる工程まで考えていないと言えましょう。

ハウスメーカーの善し悪しは、地域営業所の業務内容や方針、現場管理能力、担当営業マン、担当設計士、担当現場監督、担当施工業者によって違ってくるのです。

ネット上で薦められたハウスメーカーに依頼しても、あなたの家では「はずれクジ」かもしれませんよ。

ハウスメーカで家を建てるなら、先ずどのような工法の家にするか選択する必要があります。
木質工法と鉄骨住宅のメーカーを同じ土俵で価格や構造を比較されてもハウスメーカー側も迷惑なはずです。

ハウスメーカーの商品を研究し、モデルハウスで建物内容を確認し、営業担当との相性や地域に建てている現場を見学したり、ハウスメーカーの地元での評判などを聞いて総合的な検討が必要でしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/98-6283e073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。