家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >業者による家のレベルHOME > 住まいの情報 >業者による家のレベル
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

業者による家のレベル
turara.jpg
「建築業者が大手メーカー、地元業者、工務店などで建物レベルにに大きな差があるのでしょうか?差があるとすればどれくらい・・・」という質問をいただきました。

一般の方には、大手ハウスメーカーなら高級品、地元業者や工務店なら質が落ちてそれなりという考えが多いようです。

本当に業者によって品質に大きな差はあるのでしょうか?

例えば、大手ハウスメーカーと地元工務店で、下のように同じ面積の建物で総工費を平均的な仕様内容で金額を比較したとします。

・大手HM  38坪X75万円=2,850万円
・工務店   38坪X55万円=2,090万円

大手ハウスメーカーの粗利益は約35%として1000万円なら原価は1850万円。
工務店の粗利益は約20%とすると、420万円で原価は1670万円です。

某大手メーカーの粗利益約35%のうち、約15%は本社の取り分となり、現地営業所は約20%で運営しているといわれています。

総工費の差額は760万円なのに原価は180万円の差しかありません。

それでは大手ハウスメーカーの金額はどこに消えていくのかというと、全国展開における膨大なカタログ、メディアCM、展示場運営、営業マン経費、開発研究費・・などになります。

原価は180万円の差しかなくても、大手は商品を安く仕入れますから、建物のグレードを比較すると180万円以上の差があるかもしれません。

しかし、見映えが良いだけで構造面などの基本的な部分に大きな差はなく、760万円差額の大半は本社運営経費として消えています。

逆に言えば、工務店にあと10万円高く坪65万円で依頼すれば、大手ハウスメーカーよりも総額は安くても原価グレードは上の家が建てられるのです。

この点からも、家に個性を出したいなら自己の嗜好を出しやすい工務店や設計事務所といった業者を窓口とした方が満足度は高くなるでしょう。

但し、それには家造りを学ぶ準備期間が必要となります。

それじゃ面倒リスク負担が少なく無難な家でいいという方は、高額でも保険の意味でも、大手ハウスメーカーの選択となります。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/984-9f9153bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。