家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >増税前の住宅展望HOME > 住まいの情報 >増税前の住宅展望
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

増税前の住宅展望
z35jki.jpg
これから「家を建てる」「家を買う」という人は消費税アップが気になりますよね。

消費税は、2014年4月に8%になり、2015年10月には10%に引き上げられる予定です。

税負担の重さを考えると、手元資金が多少不安だったとしても、増税前に入手する方が得なようにも思え、今年あたりから駆け込み需要の動きが考えられます。

しかし、住宅増税前に住宅入手を急ぐことにもリスクがあります。

なぜなら、以前消費税が3%から5%に上がった際には、駆け込み需要で価格が上昇した後に、価格下落が起き消費税アップ前と変わらない住宅相場が続きました。

特に大手HMの駆け込み需要を狙った営業攻勢で、住まいの検討を満足に出来ないまま入手した方が多いのではないでしょうか?

ただ、今回のように段階的に引き上げる例は初めてなので、様々な憶測が不動産の専門家の間で飛びかっています。

ある人は「1997年の増税時と今では、環境が大きく異なり、今回は駆け込み需要もその後の冷え込みもほとんど起こらず、価格変動は小さい」と言っています。

また「今は収入減も続き、住宅購入者は保守的になっている。増税前の駆け込み購入は、もともと買う予定がある人に限られる」という意見もあります。

特に消費税が10%に引き上げられあとは、大手デベロッパーのマンションや分譲住宅は供給調整が行われ、価格下落はさほど起きないと想定されています。

こうなるとやはり、消費税アップ前に家を入手したほうが得と考えられますよね。

しかし、消費税アップよりも「資産税価値の見極めが大切」という意見もあります。

それは人口減少が進み空き家が増える中、不動産価格は立地により大きくことなり、その差は消費税を上回ると考えられるからで、都市部ほど顕著になるでしょう。

さらに耐震性や断熱性能も不動産評価の大きな差となってくると言われています。

消費税アップはまだ正式決定ではありませんが、家を入手予定のかたは早めの検討をしておくをオススメします。

決して計画性のない駆け込みで、後悔しないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/988-2721f232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。