家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >防犯住宅の落とし穴HOME > コラム >防犯住宅の落とし穴
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

防犯住宅の落とし穴
unmei09.jpg
住まいの防犯意識が高まり、ホームセキュリティや開口部の防犯シャッター、防犯ガラス、防犯フィルム・・などの使用率が高くなっています。

このような住宅を称して「ハリネズミ住宅」とも呼ばれていますよ。

しかし、このような住宅が逆に狙われやすい例もあります。

例えば、人通りの多い道路に面し敷地内が良く見える程度の外構の家は、防犯意識の低い家でも泥棒の新入率が極端に低くなっています。

泥棒は侵入して、自分の行動が外部から見えない家を好むからです。

もし、人通りの多い道路に面した敷地の方は「お金を掛けない防犯」を意識するのも良いでしょう。

泥棒の行動はこちらを参考にしてください。 「泥棒の行動心理」

防犯住宅でも、予算の都合上1階部分はハリネズミ状態でも2階までは・・・と考えている人が多いのではないでしょうか?

このような住宅で最近泥棒に侵入された例があります。

建物は箱型総2階建て、一階は二重・三重に防犯を施しましたが、2階は普通のサッシ窓で普段は施錠していないので、ベランダから侵入されたのです。

一見凹凸がなく侵入するような足場はないように見えますが、雨樋を足場に侵入したのです。

このような事例以外にも、ベラんダへの侵入足場となるカーポートや電柱などから侵入された事例がありますから注意してください。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/990-2ea4edf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。